モンスターストライク

RPG

モンスターを弾いてダンジョン攻略!友達と通信でワイワイ盛り上がる協力RPG!

モンスターストライク

モンスターストライク
開発元:XFLAG, Inc.
無料

どんなゲーム?

モンスターが球体となり、引っ張って敵にぶつけて攻撃して倒していくゲームです。
敵の弱点を狙ってモンスターを弾いて攻撃したり、キャラの技、ストライクショットを駆使して強敵を倒していこう!

 

ここが面白い!

キャラクターを引っ張って弾く!

操作は単純で、画面上のキャラクターを引っ張って弾きたい方向に弾くだけ!複雑な操作が無いので、とっても簡単!

 

味方とぶつかると、キャラに応じて友情コンボといわれる技が発動!

友情コンボは敵を攻撃するものや、味方をパワーアップさせる技などがある

モンスターを手に入れてクエストを攻略!

モンスターを手に入れるには大きく分けて2種類

1つは、クエストで敵を倒してモンスターをゲット!

 

モンスターが卵になったのがゲットの証。ステージクリアでもゲットできる。

2つ目は、オーブ(課金アイテム)を使ってレアガチャを回してモンスターをゲット!

 

モンスターをゲットしたら、次は育成。まずモンスターのレベルを上げてモンスターの「HP」「攻撃力」「スピード」強化しよう。レベルアップと能力アップには「ケンチー」という亀と「タス」というモンスターを合成することで強化できる。

レベルが最大になったらモンスターを進化させよう

進化させるには、素材が必要。進化すればパワーアップする!

 

進化には3種類「進化」「神化」「獣神化」がある。
素材はそれぞれクエストミッションなどで手に入る。

 

神化、獣神化は特定のモンスターが出来る。

イベント、コラボが盛りだくさん!

イベントでは、ガチャに必要なオーブ配布特別なクエスト、限定キャラゲットのチャンスである「獣神祭」というガチャイベントがある。
コラボイベントは、アニメ漫画コンビニなど、コラボレーションがたくさんある。コラボ期間中しかゲットできないモンスターもいるぞ!

 

画像はアニメ「妖怪ウォッチ」コラボで登場した「ジバニャン」

ゲームのプレイ方法

モンスターの特徴

モンスターには属性がある!
火、水、木、光、闇、があり、モンスターにはそれぞれ属性が割り振られている。

 

画像のモンスターは闇属性、黄色の枠内の左上に紫の球体が目印。
属性には相性があり、火は木に、木は水に、水は火にそれぞれ倍、逆だと半減となる。
闇と光はお互いにのダメージを与えることが出来る。敵から受ける攻撃も属性の相性が適用されるから、クエストに行くときのチーム編成は要注意。

反射タイプと貫通タイプ

モンスターには反射タイプと貫通タイプがあり、敵に当たったら跳ね返るのが「反射」、敵に当たったらそのまま進行方向に突き抜けるのが「貫通」

 

枠内の赤のアイコンが反射、青のアイコンが貫通。

チームを作ろう!

チーム3体+助っ人(フレンド)でクエストへ出発!敵の属性や相性に合わせるのが良い。
クエストによっては、反射タイプが適す物、貫通タイプ推奨の物もある。

 

クエストには様々なギミックが

ここで覚えておきたいのが、クエストによって設置されている様々な種類のギミックである。
例えばモンスターを弾いたときに、スピードが遅くなってしまう「重力バリア」や壁にぶつかるとダメージを受ける「ダメージウォール」などがある。

 

画像の枠内に重力バリアがある、触れるとスピードがダウンする

特定のキャラクターには、ギミック耐性の能力がある。
重力バリアを無効にする「アンチ重力バリア」やダメージウォールを無効にする「アンチダメージウォール」などのアンチスキルがある。ほかにも属性や型に対して効果のある能力もある。それぞれのクエストに適した能力を駆使してクエストクリアを目指そう。

このモンスターには3つの耐性能力がついている。

クエスト中は、フィールドにアイテムが出現

基本アイテムは「ハート」「砂時計」「ガイド」「剣」「ブーツ」がある。(特定のクエストによって出現するアイテムもあり)

ハート→HP回復、毒状態回復
効果:2ターンごとに成長し、効果がアップする(3段階まで)

・砂時計→ストライクショット(SS)に必要なターンを短縮する
 効果:緑の砂時計は取ったモンスター、赤の砂時計は味方全員のSSを短縮する(4ターンで成長)

・ガイド→発射方向に、弾くラインが表示される(壁に一回バウンドする先まで)
 効果:銀のガイドは取ったモンスター、金のガイドは味方全員に効果がある
(4ターン成長)

・剣→攻撃力アップ

・ブーツ→スピードがアップ

 

画像の枠内は「ハート」HPを回復できる

クエストを攻略してランクを上げていこう!

クエストをクリアするとランクが上がる。ランクとは、プレイヤーのレベルの事で、上がるごとに、クエストに挑戦するためのスタミナアップと回復する。

 

序盤攻略ポイント

チュートリアルが終わったら、オーブを5個もらえる。ミッション画面から受け取ったらレアガチャを引こう!(オーブ5個でレアガチャが1回引ける)

最初に最低でも☆5キャラは確保しておきたい。リセマラも視野に入れておくとよい。

リセマラとは、「リセットマラソン」の略語で、最初のガチャで良いキャラが出なかったら、一度アプリを消してインストールしなおし、もう一度挑戦すること。

☆5の確率アップイベントは「獣神祭」「超獣神祭」なので、開催中に始めると効率が良い

リセマラのためにオーブを集める方法は、マルチプレイがおすすめ。マルチでいろんな人と協力プレイすればオーブが貰える。特に10人目までは1人5個、1度のマルチプレイで3人までマッチングするので、最低3回で45個+チュートリアルクリア報酬の5個を合わせれば、10連ガチャが引ける。

 

近くの友達はGPSを使いランダムでマッチング。
LINEはLINEで協力プレイの招待を友達に送り、プレイできる

ノーマルダンジョンを進めよう!

序盤はサクサク進むので、モンスターを育成しつつクリアしていこう。
クリア報酬のオーブは確実に回収しよう。目指すは「地雷の谷」クリア!
地雷の谷をクリアすると「運極」のサンクチュアリドラゴンが貰える!

 

 

運極とはクローバーマークの数値で、この数値が高ければ、追加で1個クリア報酬がもらえる可能性が高くなり、「運極」は確実に追加報酬を2個もらえる。
運の上げ方は、同じモンスターを合成することで上がる。
例:運5のジバニャンに運5のジバニャンを合成すると運が10になる。
合成したモンスターは無くなるので注意

属性、ギミックを把握

属性の相性と、ギミック対策は、クエスト攻略に必須である。
チームを作る際は、敵の属性やギミックを考慮しよう

 

 

この画面でクエストに出てくるギミック情報が見れる。

モンスター強化・進化素材を集めよう

育成に必要な「亀」は曜日クエストやチケットなどで挑戦できる亀クエストで集めよう。
また、通常育成では能力値が最大にならない。ステータスを最大にするには「タス」が必要。「タス」はノーマルクエストで手に入るので、タスを合成しつつ進めていこう。
進化素材もクエストでゲット!

神化には、イベントクエストで手に入るキャラが必要

 

序盤のオーブの使い道

オーブの使い道は5つ
・レアガチャ
・モンスターの保管数が増える(ボックス拡張)
・スタミナ回復
・コンティニュー
・クエストチケットとの交換
おススメは、「レアガチャ」と「ボックス拡張」
☆レアガチャを引くタイミングは、「獣神祭」「超獣神祭」が☆5キャラの出現率がアップする為おススメ。
☆モンスターの保管数が決められているため、増えると入らなくなる。モンスターの保管数をオーブで増やしてモンスター保管場所の数を確保しよう。

わくわくの実でさらに強化

わくわくの実は、英雄の証を持つガチャ限定のモンスターに付与できる。ステータスアップ系、火力アップ系、ダメージ系、ダメージ軽減系、補助系(毒ダメージ軽減や、敵を気絶させる、SSのターン短縮など)がある。ほかに経験値アップやクエストに効果があるもの物もある。

 

わくわくの実はランクがあるので、最大限効果を得るために特級の実を付与させたい。

英雄の神殿で特級の実をゲットするか、わくわくミンというアイテムで身を成長させよう。

 

プレイヤーレビュー

とにかく操作が簡単で、モンスター数も豊富なところと、モンスターを弾いて敵を一掃する快感がたまらない。
運極のサンクチュアリドラゴンを手に入れてパーティが育ったところで、☆5キャラのクエストに挑戦して新たな運極を作るのもやりこみ要素の一つで面白い。運極を複数体持つことで得られるボーナスもあるので、ある程度進んでランクが上がったら、挑戦すると良い。

協力RPGの名の通り、マルチプレイが楽しい!一人じゃクリアが難しかったり、素材集めを手伝って貰えるし、マルチプレイ報酬でオーブが貰える(上限あり)が魅力!

やりこみ要素があるが、短時間でもクエストが出来、万が一中断してアプリを閉じても、途中から再開できるので、隙間時間でも遊べる。

操作が楽で、暇つぶしでもやりこみでも楽しめるアプリなので、手軽にアプリを始めたい方、やりこみ要素があるゲームがしたい方におススメ!

キャライラストがかわいいので、お気に入りのモンスターでストライクショット!

 

GZ編集者評価 4.5

モンスターストライク

モンスターストライク
開発元:XFLAG, Inc.
無料

コメント

タイトルとURLをコピーしました